« 今さらイヤなの | トップページ | あたらしいお友達 »

2012年4月21日 (土)

ネーミングが素敵

ちょっと消耗品にしては高いかな

思ったんだけど

ネーミングに惚れて購入(いつものパターンです)

006
運と福が訪れますように

の想いがこもってるらしい

お散歩用のうんち袋です。

007

らんぷーは

玉福女号です。

(なにか関係あるのかいannoy

(い、いえ、別に・・・・coldsweats01

012

けして

うん福女ではありませんですよ

ニオイが気にならないという炭加工のぺーパーが付いてる

ビニール袋

紙部分水に溶けてウンチと一緒に流せるらしいけど

家はやっぱりトイレに流すのには抵抗があるから、お外のゴミ箱かな~~

013

この会社のモデル犬さん

結構

洋犬さんが多いのに

この商品に関しては柴犬さんだった。

やっぱイメージにピッタシなのか?

らんぷ~は

嬉しいような

ちょっと複雑な心境

014

詳細が気になる方は

↓こちら(回し者じゃないョ)

http://www.nyktakamatsu.com/unpuku.html

|

« 今さらイヤなの | トップページ | あたらしいお友達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さくら御用達の「ポイ太くん」とはエライ響きが違うね~高尚な響きだわ^^;
これで運と福が来るならちょっとぐらい高くても買っちゃおうかな~
でも、我が家の納戸にはコープの安売りで買った「ポイ太くん」の100枚入り袋が3つもあるんだよね~(^_^;)
それにさ~ 我が家の今の状況じゃウンなんてもうダイレクトに掴んじゃってるしねY(>ω<、)Y
まあとりあえず、使用感レポを読んでからにするわ 運と福がちゃんと来たかレポお願いね~

それと、わんこのウンは人のより硬くて水で解れにくいのでトイレに流すと詰まる原因になるらしいよ^^;

投稿: Akiki | 2012年4月21日 (土) 20時46分

すごく可愛い!!
こんな可愛い袋にウンPを入れるなんてできないわぁ゚゚(´O`)°゚
可愛すぎて、ウンPの種(おやつ)を入れてお友達ワンコに配っちゃうかも~(使用方法間違ってる???)

りんたろう御用達はスーパーでもらう使い古しのビニール袋とティッシュだよん(^-^;

投稿: カレン | 2012年4月21日 (土) 21時06分

うん福袋か~。
ネーミングを考える人のセンスって、いいんだか悪いんだか、凡人には考え付かないものがある。。。
柴わんこが可愛いのはいいけど、確かにウンチ袋に採用と言うのもらんぷーちゃんと同じ、複雑。
ちょっと高級感あふれて使うのもったいな~い!
お使い物にしたら喜ばれそう♪
うちもポイ太くん愛用です。

投稿: しゅうやん | 2012年4月22日 (日) 17時46分

Akikiさんへ
構造的には”ポイ太くん”と似ているんですが
炭ペーパーとか特殊加工がされているらしい
けど
やっぱりもったいないのでおでかけで車の中に長く置いておくときとか、
普段取ったウンチをひとつの”うん福袋”につめ放題するとかして大事に使う~~(貧乏症だからね~~)それに、お散歩の度に福を持ち帰ったらどんなになるのか困っちゃうしさ~~~
お散歩デビューまでにはさやかちゃんお祝いに届く予定~~~~\(^o^)/
そうそう、わんこのウンチは詰まるって聞いたことありますよね。

投稿: らんぷーまま | 2012年4月23日 (月) 09時00分

カレンさんへ
一枚一枚、この印字がされてるわけではなく
一枚一枚は普通のビニールと炭ペーパーが合体してるだけの素朴な商品なの。
我が家も普段は折ったチラシ&スーパの使い古しビニール
だよん
でも最近のスーパーのビニール薄くなった~~
なんで破けてもれてたりすることがシバシバでした。
まあ、愛犬のうんこだからへっちゃらだけどね♪

投稿: らんぷーまま | 2012年4月23日 (月) 09時07分

しゅうやんさんへ
一枚ずつにこの絵がついてるわけではないのよ~
一見ポイ太くんのちょっと強度があるやつ
って感じです。
毎日何枚も使うのは貧乏性の私はもったいな~~い
車の中でこれからのおでかけ時
梅雨時のゴミ箱で活躍してくれそう
運と福はどうか。。。乞うご期待!

投稿: らんぷーまま | 2012年4月23日 (月) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440526/44964919

この記事へのトラックバック一覧です: ネーミングが素敵:

« 今さらイヤなの | トップページ | あたらしいお友達 »