« 元気がいちばん! | トップページ | ブルームーン »

2010年3月29日 (月)

ケンシン珍道中

こんばんわん♪

”龍馬伝”

福山雅治さんは勿論かっこええのですが

なぜか弥太郎がめちゃくちゃ気になって大好きならんぷーままです。

先日おばあちゃんと一緒に行った

健康診断の様子を再現します。

おばあちゃんの病院の付き添いなどは頻繁に行っているので

慣れていますが

平行して自分のことをやるのは初めてのことでした。

Img_1111

普段の受診は、病院での受付、診察までの待ち時間と診察や薬の受け取りや会計など

と流れはいつも同じですよね。

健康診断は勝手が違い、あちこち動かなければなりません。

別々の日(らんぷーままとおばあちゃんの健診の日)

にすれば良かったのですが

いっぺんにすまそうとしたのが間違えだったかも知れません。

健診を受けたのは

町医者よりもちょっとだけ大きい総合病院で

健診専用のスペースが設けられており

一般の受診者とは別の空間だったので

移動は沢山動かずに済んだのでその点は楽だったのです。

少スペースに健診を受けるひとばかりで

流れ作業をするので、めまぐるしいのなんのって

ひとりで行く分には早く済みそうですが

狭いスペース車椅子でちょこちょこ、立ったり座ったりという動作には

辛い物がありました。

Img_1108

まず、行ってすぐに問診票などの記入

”こちらが、らんぷーままさんでこちらがおばあちゃんの分です”

と手渡され

A4サイズにぎっしりと細かい字でうめつくされた質問事項や

保険証番号などの記入

質問事項にはい、いいえに〇をするところだけおばあちゃんに自分で書いてもらったら

微妙に一段ずつずれており結局私が書き直し

(左から右に読むのが難しかったようです)

早く着いたはずなのに問診票だけで30分近く経ってしまい

あとからあとから追い抜かれていきました。クッソ~!

内容は全然たいしたことない、尿検査、体重測定、血圧測定、心電図

採血、医師の診察

となんでもないことなのですが

尿検査ひとつとっても

おばあちゃんと私の分間違えないようにとか

阿吽の呼吸で採尿の難しさ(ばあちゃんのシッコかぶりそうになりました=)

でもって

ふたつ検尿コップ持ったら鞄とファイル持つ手、車椅子を押す手がないやん!

二人分のファイルは小脇にはさみ、鞄を肩にかけながらこぼさぬように

検尿コップを窓口に運び

その手も洗い忘れ車椅子を押して次に向かう。(オイオイ!)

血圧測定は銀行とかにもよくある自分でやるやつなのだが

車椅子に乗ったままでは手が正しい位置におさまらず

あーだこーだやっているうちに

ふとみると後ろに長蛇の列ができ、やや白い視線を感じたので

おばあちゃんが終わったあと、私は後からやることになった。

そして採血に進み、おばあちゃんの後に私も採血したのだが

しまった!右手で採血をしてしまったのだ。

しばらくしたあと、あとまわしにした血圧測定をしたのだが

加圧されて、血がふきでてきおった。

看護婦さんてば

”血の巡りがいいのですね”と笑っていらっしゃいました。

そして

最後の医師の診察

おばあちゃんの診察が終わり

らんぷーままの番

おばあちゃんのときは心音と背中だけの聴診だったのに

らんぷーままの時は

お腹を見ますので横になってください

と言われました。

Img_1106

お腹が痛くて病院にかかるときはそのようなことは当然ですが

健康診断でそげなことは初めてだったので

”え?寝るんですか?”と涙目になったらんぷーまま

多分

腹回り測定であまりに腫れているので、腹水でもたまってるのかと

思ったのでしょうね。

Img_1107

結果は2週間後に郵送されるとのことです。

                                               

大好きな綾戸智絵さん

おかあさんの介護とお仕事の両立、薬の大量投与で

緊急搬送されましたね。

以前にも報道特集などでも綾戸さんの介護の様子何度か拝見しました。

私はあんなにマジメには何にもやっていませんが

気持ち的にはとってもよくわかります。

頑張らないように頑張る

そう仰っていましたが

それが一番難しいことなんですよね。

応援してます。青森公演あったら、また行きたいな。

|

« 元気がいちばん! | トップページ | ブルームーン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

らんぷ~ままさん、お疲れさまでした~~~
もう、読んでるだけど大変さがヒシヒシと伝わってきましたわ。
ほんと自分だけでもけっこう大変なのに、車いす移動のおばあちゃんが一緒だと・・・
私には無理無理!!(´Д`;≡;´Д`)アワアワってなるのは必定。
絶対紙コップひっくり返して、おしっこまみれになってるわ(。>0<。)
らんぷ~ママさん、めちゃ親孝行だわ~~~

投稿: カレン | 2010年3月29日 (月) 19時49分


カレンさんへ
暖かいお言葉ありがとうございます。
そーですね♪
おしっこまみれにならなかっただけ良し
としなければ・・・デスね。
大変そうに大げさに言って
マジメに介護をそつなくやっている方に
お叱りをもらいそうな記事です。
以前にパパさんに色々と大変だとぼやいたことがあるのですが
ちょっとアタマを使えばさほど大変なことではないのに、小さなことを気にして大きくして
自分で自分を首絞めてるだけだ
とか言われて口論になったことがあります。
”何でもかんでも私ひとりに押し付けて”
って泣いて狂ったときも
私は旦那に八つ当たりできるけど
その相手がいなくて本当にひとりで頑張ってる人が
他にもたくさんいるんですよね。
あ~~ちょっと重たくなっちゃった~~

投稿: らんぷーまま | 2010年3月29日 (月) 21時09分

ままさん、お疲れ様でした。
本当に介護って大変だと思います。
綾戸さんみたいに、自分の具合が良くないのに介護をしなくてはならない人っていっぱいいると思います。
子ども手当てなんかより、こっちをどうにかしろ!と思うのですがね!!
ままさん、今度は一人づつやったほうがままさんが楽かもよ!
私も耳の遠いじじばばの付き添いやったりするけど、ひじょ~に疲れるもの。。。
でも、ままさん、えらいわ。。

投稿: しゅうやん | 2010年3月29日 (月) 22時39分

らんぷーままさん、お疲れ様でした。
大変そうに大げさに言ってるなんて思わないよ。
だって、本当に大変なんですもの・・・
二人で同時に検診したことはないけれど(笑)
何かあるといつも私も病院に付き添いをしていました。
慣れているとはいえ自分のことは後回しにしなければならず
度重なると結構ストレスにもなりました。
イライラすると嫁姑の関係も穏やかで無くなってしまうし・・・
いい嫁でいたいなんて思っていたころはすごく辛かった・・・

今、姑は近くの施設でお世話になっているんだけれど
一緒に生活していた頃よりづっと優しくなれるし、いい関係でいられます。
とにかくひとりでため込まないこと、だんな様に
いっぱい八つ当たりして下さい。
らんぷーちゃんにも聞いてもらうといいよ~


投稿: yuri | 2010年3月29日 (月) 22時46分

こんにちは。
モモパパです。
介護をするってことは本当に大変だと思います。
これから僕はモモの介護生活に入ると思います。
でも愛するモモのためなら・・・

投稿: モモのパパ | 2010年3月30日 (火) 09時17分

しゅうやんさんへ
あは~っ
ゴメンゴメン、ちょっと重たくなっちゃったけど
ちょうど綾戸さんのニュースでなーばすに
なっちゃいました┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
しゅうやんさんだって同居でないからといっても
きっと大変なのですよね。
ただ”大変”とかゆわないだけで・・・
要介護いくつだから、とか自分の親とか姑さんとか
同居だから、とか
関係なく多かれ少なかれみんな介護の不安って
ありますよね。逆に本当に頑張ってるひとはそんなこと口に出していう暇もないのかもしれない。

投稿: らんぷーまま | 2010年3月30日 (火) 09時45分

yuriさんへ
暖かいお言葉ありがとうございます。
またまた、ネタにしながらぼやいてしまいました。
(反省)
来年は絶対別々に受けようと思い知らされました。
そーだよね!?一緒に受けようなんてゆーのが
馬鹿だったんだよね?
おかげで良い思い出ができましたよっ!
綾戸さんもコンサート会場に同行をやめて
お母様を
預けることで新しい発見もできたと仰っていましたね。
適度な距離も必要です。
我が家の場合は幸い”良い嫁”ではなく
たまに、こうして吐き出しているので大丈夫。
そっかあ~らんぷ~に聞いてもらうっていう手もあったか~good

投稿: らんぷーまま | 2010年3月30日 (火) 10時00分

モモもパパさんへ
介護はある日突然にやってくるのですよね。
人もわんこも・・・
でもさ~
愛犬のためならきっと愚痴なんて言わないで
なんでもしてあげれるよ
(ってばあちゃんは犬以下か?)
いえいえ、人はやさしくなんでもしてもらうと
どんどん弱っていってしまうので
できるだけやれることは自分でやろうとする気持ちを
をもってもらおうと
手をかけないように心がけています。(鬼嫁~)
あ、でもやさしくしてもらって頑張ろうっていう気持ちになるときもあるのかも?
でもわんこは違います。
それまでに十分我慢をしてきたし、辛くても頑張ってる姿を見ていると、手を出さずにはいられませんよね。ちょっとひいき目かしら~?
きっとモモパパさんもしんどいかと思います。
見守るしかできませんが、暖かくなってまたお外に行こうねモモちゃん。

投稿: らんぷーまま | 2010年3月30日 (火) 10時19分

検診お疲れ様です。二人いっぺんは厳しかったね。ハルンカップ2個持ってたら、ドアも開けられないよね。想像するだけでめまいだよ!お母様は普段から車椅子なの?
なおさら大変だわ。
私達、介護年齢だよね。うちのじじばばはおかげさまでまだお達者です。二人でいるからいいんでしょうね。片方に何かあったら、二人ともガタガタとくるんでしょうね。介護してる友達も日に日に増え続ける今日この頃。今現在はホントにありがたい事だと思ってます。元気で居てくれるのがいいね。

投稿: シュウクリーム | 2010年3月30日 (火) 16時47分

シュークリームさんへ
あははは・・・私がアホでした。
来年からは別々に行くことにします。
なのでこれも良い思い出になります。
足が不自由なので病院内とか戸外の公園とか
買い物(衣類や靴など)のときは車椅子を使っています。
部屋の中では杖や物につかまり歩きをしています。
おじいちゃんが亡くなってから日増しに弱まってる感じ・・・気持ちの問題が大きいと思うのですがね。
孫や娘達の前ではしゃき~~ん!
としてます。(微妙にムカつくannoy
でも、多くを望んではいけませんね。
現状維持でこれより悪くならないように願うばかりです。いつも愚痴聞いてくれてありがと~

投稿: らんぷーまま | 2010年3月30日 (火) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440526/33987966

この記事へのトラックバック一覧です: ケンシン珍道中:

« 元気がいちばん! | トップページ | ブルームーン »