« 観てきました♪ | トップページ | 落雷による停電 »

2009年9月 9日 (水)

これも絆?

日曜日の朝

おでかけの途中

家を出てすぐのところに、ノボリ旗があり(全国土佐犬連合)

旗に誘われてフラリと立ち寄りました。

Img_2009_09_06_0517

土佐犬の品評会ではありませんでした。

Img_2009_09_06_0512

土佐犬の中でも闘犬で

格闘をさせる大会だった~~!!!

犬も迫力あるけど

それ以上に怖そうな方ばかり・・・

「よう、ねえちゃん、かっこよく撮ってな」(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

Img_2009_09_06_0504

全国大会に出場するための予選の青森支部大会らしい。

トラックの中、キャンピングカーみたい・・・

大鍋とかが炊事用にあり(人間用かな?わんこの餌作りかな?)

Img_2009_09_06_0518

檻の中で戦っている姿

パパさんははじめ

私に見ないほうがいいよ

ってカメラ撮影を止めてしまいまいた。

残酷で嫌だったらしい。

でも

カメラを取り上げらんぷーまま撮りました。(なんと言うオンナ!)

Img_2009_09_06_0510

かっこいいとは言えません。

ちょっと残酷で、ショッキングでした。

喜んで頑張れ~って応援する気持ちにもなれません。

Toukenn

でも良く観ると

ちゃんと細かなルール(闘技ルール)もあり

噛み殺すまで戦う

というよりは

飼い主たちの掛け声を聞き取り

立派に格闘技を披露しているようにもみえました。

闘犬の皮膚は噛んでも伸びて痛くないそう。(犬に聞いたわけではありませんが)

自分の愛犬を戦わせて競わせて、傷つけて虐待だ

こんな競技は廃止するべきだ

という意見もあり

また、闘犬にとって戦わせない方が虐待なんだ

と言い張るオーナもいる。

よく、飼い主をも襲う土佐犬の事件は

戦わせてもらえない、閉じ込めてばかりで愛情が足りない犬が

事件を起し

愛情をもって育てた土佐犬は普段おとなしく飼い主や家族に忠実なんだそう。

Img_2009_09_06_0515

そうだね

大きいからって

顔が怖いからって偏見はいけないよね。

Img_2009_09_06_0512_2

闘犬について、虐待かどうかは

難しい問題ですが

でも見た目と性格のギャップが土佐犬の愛好者の心を掴むのかなあ・・・

前日にかわいいHACHIを観た直後だったので

複雑な心境でしたが、確かにここにも絆はありました。

|

« 観てきました♪ | トップページ | 落雷による停電 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
私には ちょっと難しいお話しですが…
怖そうだ、と目を背けず 闘犬を理解しようとしたままさんに感心しました
物も人も動物も 一歩間違えると善悪表裏一体の世の中
気質を理解した上で 飼わなくては お互いに不幸ですよね…
何か 私じゃ説得力無いけど(汗;)

投稿: いねぷ〜 | 2009年9月 9日 (水) 20時03分

しばし絶句(笑
すんごいものを見せて戴きました!
初めて見せて戴き ある意味感動モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
うん。。確かに見た目ではないけれど やはり迫力ありますね~
確かに絆は感じるけれど 柴犬同士のガウガウでさえ手こずっている母には 
遠い世界のお話だわ。。
らんぷーままの勇気に拍手(o´ェ`ノノ゙☆パチパチパチパチ

投稿: 小太郎はは | 2009年9月 9日 (水) 21時02分

確かにこわそうなお兄さん方ばかり。。。
そんな残酷に見える格闘技をしている犬たちもきっと、飼っている人たちにとっては愛情のかけ方も私たちが飼っているのと変わらないんでしょうね。
飼い主と犬の間にしかわからない絆かも。。。
ある一定のルールがあるんだろうし、、
一般人にはちょっと理解しにくいかも。。。
う~~ん。。。

投稿: しゅうやん | 2009年9月 9日 (水) 21時29分

確かに土佐犬は闘うために作られた犬ですからね~
でも、本当のところ意味もなく戦いたがるのは人間だけじゃないかしら?
野生の動物で楽しみのために戦う生き物なんていないと思うから 土佐犬だって本当は普通に家族に愛されて暮らしたいんじゃないかな?
でも、飼い主に忠実だから主人を喜ばせるためには命じられるまま頑張っちゃうんじゃないかな?
アメリカではほとんどの州で闘犬は禁止されているし日本でも動物虐待として禁止している自治体もあるし・・・わたし個人としてはそういう流れを歓迎しますね

投稿: Akiki | 2009年9月 9日 (水) 22時19分

実際に格闘しているところを見たら
迫力あるのでしょうね・・・・
タスケがガウガウしただけでも怖いのに
あんな大きなわんこが争っていたらcoldsweats02

しゅうやんさんが言っているように 
このわんこさんたちと飼い主さんの間には
私たちと同じような絆はきっとありますよね
私は そう信じることにします。

投稿: yuri | 2009年9月10日 (木) 13時00分

すごく貴重な場面に遭遇しましたね~。というか、こういう大会があることも知りませんでした~。
闘うための犬、、、この世界のことはよく解らないけど、この世に必要???
確かにこのワンコと飼い主さんたちにも絆があるんでしょうね。私もyuriさんと同じくそう信じることにします。

投稿: つねリン | 2009年9月10日 (木) 15時41分

いねぷ~さんへ
なんだかね。
身体が大きくて、力が強くて
良く見ると、ラブラドールにちょっとブルドック入っただけの顔なのにね。
うちの土佐犬は部屋で一緒にソファーで一緒に過ごすよ~
なんて書き込みがあればいいなあ・・・

投稿: らんぷーまま | 2009年9月10日 (木) 19時31分

小太郎ははさんへ
迫力はありすぎで
こちらは、其の場に居ることさえ
身の危険を感じましたわ。
だってさ~
ぼ~~っとして写真なんか撮って
後ろから挨拶代わりに
噛まれたり
あるみたいですよ~~
負けた腹いせに八つ当たり
なんかも・・・あるみたい・・・
後で知り、驚きました。

投稿: らんぷーまま | 2009年9月10日 (木) 19時35分

しゅうやんさんへ
同じ種類の動物とは思えないほど
デカかったです。
象と馬とウシをたして3で割ったみたいな・・・
怖そうなお兄さんたちばかりでなく
高齢者もたくさんいました。
一頭を6人ぐらいで行進させてました。
散歩も夜中に軽トラの後ろに繋いで走らせている
という飼い主さんもいました。
(うんこはどうしてんのよっ!)

投稿: らんぷーまま | 2009年9月10日 (木) 19時42分

Akikiさんへ
そうですね。
難しくて、どっちともいえない屁たれな私デス
自分の番になろうとしているとき
拒んでいる犬を見ました。
ドックランで他の犬におびえているらんぷーと同じだなあ・・って
かわいそうになりました。
闘犬に向かない犬もいることも確かです。

投稿: らんぷーまま | 2009年9月10日 (木) 19時48分

Yuriさんへ
柵にもっと近づいて、隙間から撮ると
ちゃんと2頭の様子が撮れたんですけどね
気が散って叱られても、身の危険も感じましたので
↑の写真はなんかじゃれあってるようにしか
見えませんね。
土佐犬の皮膚は丈夫とはいえ
耳が切れたり傷は耐えないようです。
大会中の事故もやはりあるらしいです。

投稿: らんぷーまま | 2009年9月10日 (木) 19時53分

つねリンさんへ
土佐犬だからってみんなが闘犬なわけでは
ないでしょうし
クーラーのきいた快適なお部屋で家族と共におやつを食べてる土佐犬もきっといるはず
いないかなあ・・・・
人間もいろいろ
わんこも人生いろいろ
ってカンジで住む世界が違うのかなあ・・・

投稿: らんぷーまま | 2009年9月10日 (木) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440526/31287327

この記事へのトラックバック一覧です: これも絆?:

« 観てきました♪ | トップページ | 落雷による停電 »