« 良いモン見つけた♪ | トップページ | 草むら注意報 »

2009年8月23日 (日)

笑顔でサヨナラ

虹の橋

考えたくもないけれど

いつかはみんな渡る橋

09021411p21400061

”らんぷーのおともだち”の

”もじ~の家のひねもす犬生活”のマルセル君が8月21日

もじ子さん(飼い主)が

奇跡的に甲子園に行く為に休暇をとっていた間

病状(肺炎)が急に悪化して、ご夫妻の腕の中で息をひきとったそうです。

ここでは、コメント欄で書ききれなかった思いを勝手ながら

綴らせていただきます。

マルセル君は

catnapとい保護団体により保健所からレスキューされ、もじ子さん夫妻のもとへ

(↓マルしゃん)

200802101621051

とてもお年をめされたワンコには見えませんね。

お二人の愛情をたくさん受けて、とてもやさしい、そこぬけに明るい笑顔

その笑顔に惹かれ、時々会いに行くようになりました。

そうしているうちに、なんとなく見慣れた懐かしい風景

ただの錯覚ではなく、偶然にも

マルちゃんのお散歩の河原はらんぷーままの故郷でした。

なかなか、里帰りができないらんぷーままは

いつしか、そんな風景とマルちゃんの笑顔にいつも癒されていました。

まるで私的な感情でごめんね。もじ子さん。

そして、もじ子さんのらんぷーにくれるコメントも記事もいつも楽しみにしていました。

”もじ~の家のひねもす犬生活”が柴犬ランキングでいつも上位だったのは

そんなマルちゃんの笑顔のファンが沢山いたから。

そして、もじ子さんの家族を待って、命の期限が迫られてるわんこたちへの

熱い思いに心打たれるから。

私達は時々、愛犬の出番のない自分の事を記事にしたりします。

もじ子さんは、ほぼマルセル君中心のプログ(チコちゃんもそうだけど)

家族とワンコのステキなプログでした。

亡くなる前も後もとても気丈に記事にして

私がそうなった時は、どうするるのか

なんて身が奮い立つ思いです。

亡くなる前も、後も笑顔のマルしゃん

今にも起きてきそうだったけど

(↓マルしゃん)

Dsc04434s1

天高く、モフモフの雲のかなた、逝ってしまいました。

(↓マルしゃん)

Dsc05897_20090823000059s1

ずっと、その笑顔を忘れないよ。

ありがとう。

もじ子さん、勝手にお写真使ってごめんなさい。

毎日していた時間(散歩、ごはんの準備、寝床の準備・・etc・・・)

が来ると、たまらなく寂しくて仕方がないね。私も気が狂いそうでした。

深酒しないで、明日はちゃんとまぶたを腫らせないで会社に行けるか心配です。

|

« 良いモン見つけた♪ | トップページ | 草むら注意報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

悲しいね 寂しいね あのマルちゃんが
もういないなんて・・・・
あんなにマルちゃんを愛していたもじ子さんご夫婦が
どんなに悲しい思いをしているのかと心が痛みます。

短い間に限りない愛情を注いぎ そしてマルちゃんも
それに答えるように優しい笑顔をしていたのが
心に残っています
とっても とっても素敵なご家族でした

マルちゃんのご冥福を祈りましょうね。

投稿: yuri | 2009年8月23日 (日) 21時20分

まだ北斗君だった頃、新しいお父さんとお母さんが見つかって本当によかった!って思ったのがつい昨日のことのようですね
悲しく辛い経験もいっぱいしたと思うけど、最後の時を優しい家族と共に過ごせたことで楽しい思い出をたくさん抱いて虹の橋へ旅立てたと思います

マルセル君、しばらくの間、虹の橋で待っていようね
いつかまた、お母さんが迎えに来てくれるからね・・・

投稿: Akiki | 2009年8月23日 (日) 21時56分

私も北斗クン時代から見ていましたが、コメントはお互いに1度しかしたことがないです。

読み逃げばかりしていました、最近体調が悪かったので大丈夫かな?と思っていました。
今、ブログにお邪魔してきました。
コメントはとても残せませんでした。
涙が止まりませんね。
とても素晴らしいパパとママですよね。

らんぷーちゃんのブログでみんなと一緒にご冥福をお祈りさせていただきますね。
教えていただいてありがとうございました。


投稿: シュウクリーム | 2009年8月23日 (日) 22時50分

らんぷーままさん、マルセル君の
事は私もとっても悲しかったです。
なぜなら、私の父と同じ病気に
なってしまって、天国に召されたからです。
肺炎と聞いた時、私の脳裏によぎったものは
不安と悲しみでした。出来れば違う病気で
あって欲しいと。
いつかは、みんな虹の橋を渡ってしまうけど
もじ子さんご家族のように、悔いのない毎日を
送りたいと思います。

投稿: エメラルド | 2009年8月24日 (月) 08時45分

らんぷ~ママさん、お久し振りです。

うちの天心も、この頃急に悪くなってきていています。自分のブログに犬のアトピーの話題を書くと、漢方の入浴剤を買え買えという人が、小難しい話ばっかりコメントしてくるので、出来るだけ話題にしないようにしています。
マルセル君の綺麗な寝顔を見ていると、こんなに綺麗なお顔をしてるのに、そのうち起きてくるんじゃないの?と思わずにはいられず、どことなく天心ににた笑顔に涙が出てしまいました;;
マルセル君も優しいパパとママに看取られて幸せだったと言ってるような、そんな満ち足りた寝顔でした。

さて、私は、もう動物病院の言う事なんか信じないぞ。と、天心と二人、アトピーと闘っていくことにします。いつか、必ず『自力で治してやったぜ』という記事をUPしたいと思います。

投稿: 蝶々 | 2009年8月24日 (月) 10時58分

yuriさんへ
この場をお借りしてyuriさんにもお礼を言いたいです。
ありがとう。
マルちゃんのところへは最初yuriさんのリンクやちはやさんのコメント欄とかから行き知りました。
里親のこととても考えさせられたし、ご夫婦の愛もとてもステキでしたね。
途中でお住まいが実家の近所と知って余計に思い入れが深くなり、いつか里帰りしたときは
絶対に逢いに行こう
って勝手に決めていました。
なので
とても残念でなりません。
お二人の悲しみを考えたら、かける言葉がありません。
考えたら、ご冥福をお祈りします。
をコメント欄にも書いてなかったし自分↑の記事にも書いてない。
どこかでまだ認めたくない気持ちがそうさせたのかも知れません。あわてて今日ご冥福をお祈りします
言ってきました。

投稿: らんぷーまま | 2009年8月24日 (月) 19時38分

Akikiさんへ
あ~~!
マルセル君の紹介する必要ないぐらい
みんなの方が良くご存知だったね。
ワタシの先代犬はね。
ずっと介護して毎日一緒にいたにもかかわらず
亡くなる日に限って
義父の通院日で3時間ぐらいの間で
たったひとりで逝ってしまったの。
いつも家にいたのにその日だけ居られなかったの。
だから、もじ子さんとマルセル君が最期一緒で
良かった。

投稿: らんぷーまま | 2009年8月24日 (月) 19時45分

シュークリームさんへ
いつかはお別れの日が来る。
その日まで絶対一緒に居てやりたい。
正直記事にするのを悩みましたが
やはり、自分の中でも整理しないと
前に進めなかった。
プログのお友達の訃報初めてだもん。
短かったけどシアワセだったマルセル君に負けないようにらんぷ~への愛情を注ぎます。シュウくんもだよね♪

投稿: らんぷーまま | 2009年8月24日 (月) 19時54分

エメラルドさんへ
エメラルドさんとご近所さんだと
めぐり逢わせてくれたのも
マルちゃんのおかげでしたね。
そのマルちゃんのプログが無くなってしまうなんて
悲しい。
エメラルドさんはマルちゃんの病名を聞いたときから
もう不安と悲しみを感じられていたのですね。
鈍感なワタシはいつまでも現実が受け入れられず
コメントもまともなコメントができずに
終わってしまいました。
また、元気なお二人に逢いたいですね。

投稿: らんぷーまま | 2009年8月24日 (月) 20時04分

蝶々さんへ
お久しぶりです。
蝶々さんのプログもたまに刺激をもらいに
拝見させていただいております。
読み逃げ常習犯ですみません。
ちゃんと3柴ちゃん揃って楽しそうな安曇野の旅にいかれていたので、安心してましたが
天心ちゃん、不調なのですか?
そうですね、マルセル君と天心ちゃんやさしい秋田柴的なお顔がちょっぴり似ていますね。
アトピー克服の記事必ず書いてくださいなの。

投稿: らんぷーまま | 2009年8月24日 (月) 20時11分

マルセル君 とっても素敵な笑顔ですね。
素敵な笑顔過ぎて 涙が出てきてしまいます。。
ヨーロッパでは おおいぬ座のα星シリウスが
太陽と同じ方角にあらわれる (7月23日~8月23日)
をDog days「犬の日」と定めているようです。
虹の橋を渡り シリウス星になったマルセル君。
お空の上で 沢山のお友達に会えたかな?
心よりご冥福をお祈り申し上げます。 

投稿: 小太郎はは | 2009年8月24日 (月) 21時59分

らんぷ~ままさんマルセルのこと記事にしてくれてありがとう!
コメントに書いてくれたので安心して見に来ました。心の狭い私は今、ふつうののほほん記事見れなくって・・・
Akiki さんへのレスの中で先代わんことのお別れの話しを読んで、胸が締め付けられました。私だけじゃないんだ、つらい目に遭った人は・・・って思えました。
(でも、らんぷ~ままさんにとってが辛いかったかもしれませんが、最期は迷惑をかけたくない、照れ屋のわんこだったのかもしれませんね)
この日の記事、保存させて下さい!

投稿: もじ子 | 2009年8月24日 (月) 22時23分

いつかは来るとわかっていても、周が私にとって初めてのわんこなので、想像がつきません。
御近所の友達わんこが去年、今年と何匹も虹の橋を渡りました。
とても人ごととは思えません。
マルセル君、笑顔の素敵なわんこだったんですね。
お友達がいっぱい、橋のたもとで待っててくれますよ。
マルセル君、レスキューされて、こんな素敵な家族の一員になれて、とてもかわいがられて幸せだったと思いますよ。
マルセル君のご冥福をお祈りいたします。
こんなつらい時に、コメントいただいて、ありがとうございました。

投稿: しゅうやん | 2009年8月24日 (月) 22時57分

小太郎ははさんへ
dog daysシリウス星になったマルセル君
そうですね。
青森の太陽の方角にもあらわれますように・・・
ご冥福をお祈りします。

投稿: らんぷーまま | 2009年8月25日 (火) 09時36分

もじ子さんへ
辛いのにお呼び立てして申し訳ありませんでした。
来てくれてありがとう。
コメント欄では、初めてのコメントの方とかも殺到していて、改めてマルしゃんの存在が影響力が強かったことを実感しました。
今、もじ子さんがどんな毎日を送っているかを考えるととても、とても気がかりです。
いつまでも、悲しんでいるとちゃんと虹の橋を渡れないって言われて私もその葛藤と戦う日々がありました。
もじ子さんはこんな辛いときでも気丈に
最後の記事で、保護犬への理解を訴えていましたね。
みんなも書いてたけど、マルしゃんからいっぱい教えてもらいました。
ありがとう。
でもまだ
こち亀を見ると、マルしゃんを探す癖、雷が鳴ると
隠れに帰ってきてないかな~
なんて思う癖は治りません。
今は無理でも
またお二人の笑顔にお会いできる日を楽しみに待っています。


投稿: らんぷーまま | 2009年8月25日 (火) 10時09分

遅くなりました
マルセルくんのご冥福を祈ると共に ご家族さま お疲れが出ませんように…
お名前とサイトは存じあげていましたが レスキュー犬とは知りませんでした
いま まさにレスキュー犬に感心のある我が家
日々 多くの登録がありますね その中でも年行った子を家族に迎えるのは かなりの覚悟が必要と実感しています
20余年前に亡くなったペスは静かな最期でした らんぷ〜ままさん 看とれなくて心残りでしょう
もじこさんが仰る通り シャイな子だったのでしょうね(ぶうさんと逆!?)
いま痛切に 家族としてのペットの在り方を模索しています
上手く表現できませんが どういう経緯であれ家族に迎えられたワンにゃんたちが幸せに天寿を全う出来るよう祈ります
今回は色々考えることあり なかなか書き込む勇気が出来なかった私です 辛いときに言葉も掛けられずご免なさい

投稿: いねぷ〜 | 2009年8月25日 (火) 10時13分

しゅうやんさんへ
そうなの、人事ではないの・・・
いつかはお別れの日が来る
そんなこと考えたくもないけれどね。
どんなに気をつけてても病気にはかかるし
老いも待ってはくれない。
マルセル君ともじ子さん達みたいに
シアワセだったよね・・・
って言えるように一日一日を大切に過ごしましょうね。

投稿: らんぷーまま | 2009年8月25日 (火) 10時27分

いねぷ~さんへ
これから、もしかしたらもしかして???
のいねぷ~さんとしては
複雑な心境だと思います。

放浪していた犬生活から一転して
シアワセな最後1年半
わんこのお顔も変わるんだって教えてもらいました。
らんぷ~の最期は絶対!絶対!ば~ちゃん放り投げてでも
看とります!!!!!(ア、言っちゃった・・)

投稿: らんぷーまま | 2009年8月25日 (火) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440526/31071990

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔でサヨナラ:

« 良いモン見つけた♪ | トップページ | 草むら注意報 »