« はじめてのおやつ | トップページ | お久しぶりです!元気です »

2007年12月 4日 (火)

噛み噛み

皆さん、こんばんわん♪

インフルエンザに負けず、頑張ってお散歩してます。

(流行に疎い二人なの)

                                                                         

先日、野犬がおばあさんを噛み殺すというショッキングな出来事がありましたね。

私なりに思うところはあるんですが、発言は残念ながら公開できそうにありません。

実は私も未だ直らないらんぷーの噛み癖に悩んでいます。

皆さん少なからず子犬の時は経験されてますよね。

らんぷーもだいぶ落ち着いてきたのですが、いっときスイッチが入ると猛烈にガブガブし始めます。

本を読んだり、インターネットで調べたりあらゆることは全部やりました。

お散歩中や他のひとには一切やらず、家族だけなのでまだ、救われるのですが。

先日のささみジャーキーの効果はすごく、効き目大でした。

でも、そればかりの力に頼るわけにも行きません。

(こうすればもらえると思われてはいけないので・・・)

07102020pa200001

こんな本も読んでみました。

ためになりました。

「生まれながらの名犬も駄犬もいない」

すべては飼い主の問題と信頼関係だそうです。

07102310pa230003

皆さんはどんな方法で克服しましたか?

もう1歳すぎたので、本気になんとかしなければ、と

焦っているらんぷーままです。

|

« はじめてのおやつ | トップページ | お久しぶりです!元気です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かに痛ましい事件でしたね。
しかも最新の情報では、実は飼い犬の仕業だったようです。
係留用の鎖を切ってしまったのか・・・・。
同じワンコオーナーとして、いろいろ考えると切なくなり涙が出ました。
亡くなったおばあちゃん、どんなに恐かっただろう。
そして噛んじゃった子も、ほんとは悪い子じゃないはずなのに・・・・。
本当に考えさせられる事件ですね。

投稿: チコママ | 2007年12月 4日 (火) 22時00分

あの事件は本当にドキッとするやら、悲しくなるやら・・・

「噛み癖」とは我が家も大変格闘しました。
お散歩し始めた頃はとっても酷く、ズボンの裾に噛み付いて離れないので、どのズボンも裾が破れてしまうし、お散歩中も噛みついたらそのまま噛み付かせたままお散歩したり・・・(まさにスッポンのよう!)

我が家が試したのは「私達も犬になる」方法(笑)
「噛み付いてきたら噛み付きかえす」というのを根気強く続けましたよ。(本当に噛むわけではなく、噛みついたらこんな風に痛い、というのを体で覚えさせる。というもの)

困りクセで悩んだ時は真剣に「私が本当の母親犬だったらどうやって教えるか・・・」とかばかり考えてました!
この話し、同じワンコ飼いの友人にしか出来ない話ですね~。(笑)

投稿: ひでちゃん | 2007年12月 4日 (火) 22時53分

こんばんは。本当に悲しい事件ですよね。どの立場にたってもやり切れません。
噛み癖はあり程度歳を取ると落ち着いてくるんですけど、、やっぱり2、3歳位までは好奇心旺盛で何でも噛んでいたかなぁ。そんな時新聞まるめてテーブルを、ダメって叩いていたような、自分より上って思ってるおとうから怒られると言う事聞きましたよ。今でも鶴の一声です。可愛がるのも一番。やっぱり信頼関係ですね。メリハリが大切なように思います。

投稿: ゴンおかん | 2007年12月 4日 (火) 23時41分

あのニュースを見て本当にビックリしてしまいました。
後で飼い犬だって聞いて余計にビックリです。
ストレスが溜まっていたのか?
それとも・・・

リキもパピー時代は尖った歯で甘噛みしてましたよ。
歯がむず痒い時期は何でも噛みたい!
だったら噛んでいいものを、お好きなように噛ませていたり
(移動用キャリーがボロボロになりました)
私の手を甘噛みしたら、鼻っつらに噛みついちゃいました。
キャン!って鳴いたらおしまい。
その他もろもろ、厳しすぎたかな?って思うこともありますが
今現在、一緒に楽しく毎日を過ごせているので結果的には良かったのかも。

らんぷーままさんの厳しくも愛のある躾で
きっと、らんぷうちゃんも落ち着いてくると思います。
根気よく頑張ってくださいね。

投稿: リキママ | 2007年12月 5日 (水) 22時43分

チコママさんへ
最新情報知らなくて、お恥ずかしい。
飼い犬となると、ホントに胸が痛みます。

ますます、らんぷーの噛み癖は本気でなんとかせねばなりません。
一応それなりに対処はしているつもりで、おとなになったら落ち着くとのんきにしていたものですから。

投稿: らんぷーまま | 2007年12月 6日 (木) 08時41分

ひでちゃんさんへ
アドバイスありがとうございます。
はなちゃんも大変だったんですね。
マズルコントロールもマウンティングも
一時的には治まっても構って欲しさにまたやるんです。
でもやっぱり本当の母犬だったら、そんなことせず噛み返すか、そこから立ち去る(無視)なんでしょうね。構いすぎてるわけでもないのですが・・・ね。

投稿: らんぷーまま | 2007年12月 6日 (木) 09時22分

ゴンおかんさんへ
コメントありがとうございます。
2・3歳まで・・・ってキツイ・・・
新聞紙作戦もやりました~
余計に興奮、尻尾振って遊んでるのと間違われました(笑)
本当にその仔によっていろいろですね~
人間の子育てと同じですね♪

投稿: らんぷーまま | 2007年12月 6日 (木) 09時28分

リキママさんへ
体験談ありがたいです。
ぷぷっ
でもおりこうさんなリキくんがママさんに鼻かじられたなんて、以外・・・!
リキママさんの言うように根気強く・・・・ですね。
本当の母親犬から早くに離れて教えてもらってないこと私が教えるしかないんですから・・・ね。

投稿: らんぷーまま | 2007年12月 6日 (木) 09時34分

おはようございます。
本当に痛ましい事件でしたね。ワンコの噛み癖で苦労しているのは我が家だけではないのですね・・・。
タスケも遊びが高じると噛んできますが注意しても止めないときはゲージの中に押し込んでしまいます。出して欲しくて啼きますがしばらくそのままにしてから出します。
とにかく根気よく教えていこうと思います。愛情を持って頑張りましょうね。

投稿: yuri | 2007年12月 6日 (木) 10時08分

YURIさんへ
コメントあるがとうございます。
タスケくんは丁度らんぷーと同じぐらいの
年齢で、やることも一緒ですね。
なのでプログも楽しみに拝見しております。
でもタスケ君はちゃんとごめんなさいするから
偉いですね。
私たちは完璧に甘くみられております。
人間の子育て同様ですね。

投稿: らんぷーまま | 2007年12月 6日 (木) 16時04分

らんぷ~ままさん こんばんわ★
その事件知ってます。
土佐犬だったそうですね・・・。
悲しい事件です。
てか飼い犬だったんですか!?それは初めて知りました。
・・・・・もっと悲しくなりました。
*いち*は仔犬の頃は噛み癖が全くなくて1歳くらいまでいたずら、噛み癖、吠え癖に悩むことはありませんでした。(逃亡癖は別として・・・)
でも1歳くらいかな?初めて本気で噛まれました。
産まれて初めて手の骨が軋む感覚を味わいました。
あの時はご飯上げるときだけだったのでご飯の時に手を出したらお手。っていう風にしたらいつの間にか直ってました。
今は噛み癖があるのかないのか不明です。
うちは何しても噛まなくなりましたが、他の人だとわからないです。
やっぱ躾って大事だなって思います。
「犬は悪くない」
長文失礼しました(^へ^;)

投稿: シバ | 2007年12月11日 (火) 00時49分

シバさんへ
コメントありがとうございました。
いちさんは逃亡癖と空腹時以外は穏やかなコなんですね。
外で番犬のお仕事立派にこなしているせいか
上下関係なんかもきちんとわきまえているのかもしれません。
そう・・・
「犬は悪くない」の言葉に同感です。
「子は親の鏡」といいますが、飼い主がしっかりと躾してあげないといけません。

投稿: らんぷーまま | 2007年12月11日 (火) 11時32分

こんばんは☆
ワンコさんに噛まれたお婆さんが亡くなるという
痛ましい事件がおこった所の近くに住んでいるので、
あの事件には心底ビックリしました…。
ワンコさんはスコップで叩かれて躾けられていたと
聞いて二度ビックリです(_ _;)
躾と体罰を履き違えているのかな…って思いました。
ある意味、お婆さんもワンコさんも犠牲者ですね…。

噛み癖…確かに悩みどころですよね。
わかばも酷かったのですが、おっとり派のうめ吉の
方がもっと酷かったです。
私たちは噛まれた時はものすごく低く大きい声で
「いけない!」と言いながらわかばをひっくり返して
口を握って押さえつけていました。
今はひっくり返せなくなったので『無視』してます。
噛まれたら反対方向を向いて無視を繰り返し。
これでなんとかチョットは改善できました。

投稿: うめ吉マミー | 2007年12月12日 (水) 00時04分

うめ吉マミーさんへ
事件のあったお近くだったのですか~?
余計に心が痛みますね。
スコップで叩かれての躾・・・・
怖い思いで、言うことを聞いても、弱いものに攻撃するんですよね。
わんこの性格や気性もありますが、飼い主の接し方が一番大切ですね。
噛み癖については、近所のあるひとは
「柴犬だから、しかたないよ」なんてまた
むき~~いとすること言うんですが、マミーさんちみたいに同じ飼い主で、柴犬であってもうめ吉くんとわかばちゃんは全然ちがうんですから、不正解な回答ですよね。わかんないひとに言っても時間の無駄なんで反論しませんでしたが・・・・・
ちなみに噛まれたら後ろ向き・・・・の場合
おしり噛まれました。旦那いわく噛まれるようなケツが悪い・・・のだそうです。

投稿: らんぷーまま | 2007年12月12日 (水) 09時43分

らんぷ~ママさん、こんにちは。
私も3匹の柴子犬を育て、上2匹の躾にはまったく苦労しなかったのですが、末っ子良狗ちゃんには、苦労しましたよ。
噛み癖が治らず、ペットシッターさんに大怪我をさせたんです。それからは、良狗との戦いの日々(涙)
甘噛みがエスカレートして痛い!と思ったら、瞬間で良狗の首の後ろに噛み付きました。人間の歯なので、力の限り噛んで、壁に叩きつける(ようはぶっとばす)という事を数回、繰り返しました。
最初は、むっか~っとした顔で歯向かって来たのですが、そのうち、かなわないと分かったら、くっそ~って顔しながら、悔し泣きしてるんですよ(苦笑)
それ以来、良狗は、か~ちゃん(私の事)大好き。
トイレにもお風呂にも着いてくる、無意味な忠犬振りを発揮しています。
それでも、他人には噛み付くかもしれないと思い、あんまり触らせないようにしていますよーー;
犬は、噛むのが当たり前の動物だって、みんな忘れてるから、事故が起こるんですよね。

投稿: 蝶々 | 2007年12月13日 (木) 12時01分

らんぷ~ママさん、しつこくすみません。

土佐犬の件ですが、私は土佐闘犬会館に行って、土佐犬の闘犬も見た事があるんですが、土佐犬は、80キロにもなる猛獣です。
闘うために改良を加え、痛みに強くなるように皮下脂肪とたるみの多い巨体になっています。
スコップでの躾が悪いとは思いません。
土佐闘犬は私は「犬」ではなく、「闘犬」だと思います。日本では、何の審査基準もなく誰でも飼えてしまうのが、事故の元なんです。例えば、スペインの闘牛士のように専門の教育を受けた人しか飼えないように、法律を作った方がいいですね。

柴犬はよく噛み付く・・・確かにそういう一面もあるかもしれません。そういう気性の荒さや主人にしか心を開かない頑固さも柴犬の大きな魅力の一つですから。まだ、らんぷ~ちゃんは1歳なんですね^^
可愛いさかり、これからもう1回り大きくなって、この1年で見違えるほどいろんな事を吸収すると思いますよ。柴犬は頭がいいですからね。

最近3歳になった良狗ちゃんは、私が酔っ払って帰ると、眉間にしわを寄せて怒るんですよ^^;
だんだん生意気になってきて、自分でものを考えるようになってきました。柴犬は自分でものを考えるようになると、ますます面白み・深みが出てきますよ。

長々とすみません。犬のことになると・・・ね^^;

投稿: 蝶々 | 2007年12月13日 (木) 12時14分

噛み癖悩ませますよね。
本も読みあさり,プロにアドバイスもらいに行ったり
あげくにスクールまで・・・
でも・・あの手この手でがんばってもラムちゃんは
時間が解決してくれたみたいです。
あせらず,やんちゃ時期楽しみながら待つのも手かもね。
ママさんがんばって!

投稿: ラムママ | 2007年12月13日 (木) 13時20分

蝶々さんへ
たくさんのコメントありがとうございました。
最初はなにげに、「あっ!蝶々さんも間違えて2つコメント入っちゃったんだ~」←自分がよくやるからといって
なんて思っていたら大間違い!で
恐縮してます。すごい嬉しいです。
良狗ちゃんのやんちゃぶりも凄かったようですが、それより、蝶々さんの首に噛みついてぶっ飛ばす
が半端じゃない・・・・です(汗)
ゴットマザーぶり私も見習わなければ・・・です。
今度やってみようと思います。(むか~っとして噛み殺されないよう頑張ります)
先代犬がおとなしくて、ぽ~っとしたおっとり犬だったのでらんぷ~の賢さに飼い主が追いつけない
といったところですかね。
その賢さ違うところで発揮してくんない?
といいたいです。

土佐犬の闘犬、私も見たことありますが、とてもいくら犬好きでもそばにいって頭なでようとは思わず、遠くから写真とるのが精一杯でした。

酔っ払って帰って叱ってくれる良狗ちゃん
なんだか頼もしいです。

投稿: らんぷーまま | 2007年12月13日 (木) 19時30分

ラムママさんへ
らんぷーに逢いにきて下さりありがとうございます。
私の叔父もラムちゃんと同じ犬種で、今いたずら真っ最中でいろんなものを破壊して頭を悩まされていますよ。
時が解決してくれるといいのですが、やはり飼い主の努力が必要です。(家がボロボロ、身体も傷だらけでは恥ずかしすぎる・・・)

投稿: らんぷーまま | 2007年12月13日 (木) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440526/9252538

この記事へのトラックバック一覧です: 噛み噛み:

« はじめてのおやつ | トップページ | お久しぶりです!元気です »